銀行の住宅ローンあなたの優遇はどの部分

銀行で住宅ローンを借りようと銀行に行ってみると

優遇 優遇 優遇
最大 最大 最大
など、

「何だかよくわからないけれど、いいのだろうな」
という言葉が目につきます。

それで。
結局?

私の場合はどれがいいのだろう??
となってしまうことも。

銀行の住宅ローンは
とても特長のある銀行を除けば

優遇の考えについて同じだと思っています。
内容はこのような感じです。

まず、優遇について。

金利が店頭表示よりも低くなるので
利息が少なくなります。

つぎに期間について。

優遇される期間は、一定の期間だけのもの
返済している間ずっとのもの

があります。

金利の優遇は
一定期間だけの方がたくさん優遇してくれます。
返済期間中ずっとの方は前者よりも高い金利になります。

例えば

固定金利5年の住宅ローンで
店頭金利は3.15パーセントだけれど

<5年間は0.95パーセント分の利息で>というものと

返済期間中は1.55パーセント分の利息、
固定期間の5年が終わっても
それ以降の<店頭金利よりもマイナス1.55パーセントで>というもの

があります。

つぎに先に払うお金の割合で違います。

最初に準備できるお金の額が
20パーセント以上の準備ができるなら
多めの優遇があり、金利が低めです。

購入価額の20パーセント未満の準備ができるならば
前者より少なめの優遇、金利高めとなります。

金利差は0.1パーセント程です。

こういう条件の前に
会社での勤務年数などの要件があるため
すでに金利は優遇されています。

それ以上の優遇を付加するために
先に紹介したような条件が加わったという感じです。