夫婦でローンを組むとき気をつけたいこと(1)

結婚して数年。
「家を買いたいよね」と思い始めたご夫婦。

マンションにしようかな
一戸建てがいいかな

駅に近い方がいいかな
自然が多くて静かなところがいいかな

部屋の間取りは
4LDKがいいかな
3DKがいいかな
などなど

考えている時は
夢が膨らみます。

さて、このような夫婦が
実際に買おうとした場合

住宅ローンは
どう考えるといいでしょうか。

重要なポイントは3つです。

◇将来の家族についてどう考えているか

未来を予測するのは難しいので
思っていたことと違う状況があることも踏まえて

子供と一緒に家族で暮らす
親と一緒に暮らす
今と同じで夫婦だけで暮らす

具体的に未来を考えてみましょう。

例えば、
子供が生まれたら
家のローン返済はどんな状況になるのか
ということがあります。

夫婦がフルタイムで働いている間に住宅ローンを決めると
夫婦それぞれに借入もできるため
借入金額は大きくできます。

借入額をフルタイム前提で決めていた夫婦に
もし子供が生まれ、
夫婦ひとりが仕事を辞めてしまったら
返済するのはとても大変です。

夫婦二人で借入れすると
二人とも住宅ローン控除を利用できます。

しかしこの状況だと
収入が片方になってしまうため、
結果的に制度をフル活用できなくなります。

二人で住宅ローンの契約をするならば
「将来の働き方」についても考えることで

将来の返済についても安心できます。

「買いたい家」より「返せる家」を目指しましょう。