家を買ったら納めるお金

家を買ったあとには
納めていくものもあります。

それは
家に対するお金、固定資産税・都市計画税の納付です。

この時期は年度初めなので
他にも納付するものがあり
予算化しておかないと結構大変です。

持ち家の場所によって
1か月ほど納付時期が違っていることもあり、
たとえ1か月違いでも
「ラッキー」と思うかもしれません。

ちなみに

私の事務所のある
八王子市の固定資産税納付期限は1回目が6月1日で、

東京23区は1回目が6月30日です。

納税対象となるのは
毎年1月1日に土地・家屋をもっている人です。

納税は口座振替と銀行の窓口で支払う方法と、
ペイジー(東京23区)を利用する方法があります。

納付は1年で4期に分けて払います。

固定資産税は

家を建てたことによる「小規模宅地の特例」や
省エネやバリアフリーを備えたリフォームによる「省エネ減免」があり
税金が低く抑えられています。

特例や減免によって
税金額が大きく変わるので国税庁のホームページなどで見てみましょう。