家を買った後の生命保険、火災保険 どんな風に入りますか

八王子でねんきんづくりコンサルティングをマンツーマンで行っている
ベターライフスクエアです。

1月から3月までは家を買う人が増えてきます。

もし買った場合は

これを機会に「住まいの確保」ができたので
万が一の保障となる生命保険の見直し(特に死亡保険を主に)を考えます。

先日住宅ローンについて中立的な会社で働いている人に聞いたところ
よくあるのが、

家を買うときに

「ファイナンシャル・プランナーが資金計画を考えてくれるから安心ですよ」

という
なんともよさそうな話だそうです。

実際ほとんどが「家を買えるような鉄板トーク」が先行し、
結果家を購入。

実はこのファイナンシャル・プランナーが
某保険会社成功報酬で働く男性だったので
一社の保険しか見てはいないものの
「何だかよくしてくれたから」という理由から
その保険に入られていましたと。

こんな話を聞きました。

このファイナンシャル・プランナーが
仮に保険会社の人ではなかったとしても
税理士さんであって実は一社専属の保険代理店に属している人もいれば
不動産会社の専属の社員であったりもします。

わたしとしては
この頃こういう環境が増えてきたので
本当に「中立でやってくれている人がいるんだ」と素直に思っていました

でも、、、

違ったんですね。

家はどんどん作られて
どんどん売らなければならない。

あの、某ハウスメーカーさんが実はブラックだ!という話まで聞いて
もうびっくりでした。

これだけ情報が増えてきた時代。

いい環境が出来上がっていればよかったのに。

全く変わらないんだな

と感じました。

そんな中で当事務所に来ていただいた方は

家を買うための
資金計画をしっかり考えられました

相続時精算課税や贈与のことを考えつつ
自分の望みをかなえました。

そして火災保険についても
当事務所で
自分の希望を先行して損害保険会社を選択。

そして「よい保険を契約できてよかったです」
言ってくださいました。

正直言ってかなり手間をかけています。

保険だけを売っている人にも
「そんなに時間をかけてどうするの?」とも言われます(笑)。

たくさんの方の望みをかなえることは難しいですが

ひとつひとつのことに
その人の考えている「満足」がかなえられるよう
これからも丁寧に進めていきたい
と思いました。

住宅ローンのオンライン講座、はじまります。
ぜひまた来週チェックしてくださいね。