団体信用生命保険ってナニ?

住宅ローンの契約をすると
団体信用生命保険という契約があります。

契約書の中にひとつだけその人の健康告知のようなものが入っている書類があります。
それが「団体信用生命保険契約」の書類になります。

これは何でしょうか?

団体信用生命保険は死亡保険です。

お金を返済する人(債務者)が万が一亡くなってしまった場合に
住宅ローンという借金が残ってしまいます。

これをカバーするのが団体信用生命保険です。

亡くなってしまった場合に、返済元本分をすべて保険金でカバーしてくれます。

家のお金はとっても大きな金額なので
こういう保険が必要になります。

今ではこれに付随して万が一の保険という内容だけでなく
範囲を広げた保障になる保険もありますよね。

でも基本はこの死亡保険だけです。

銀行の住宅ローンの場合、融資する前提条件として
団体信用生命保険に加入すること
となっていることが多いです。

その代わり死亡保険にかかる保険料は銀行側の負担となっています。

家を買った時にこの保険に加入すると
家の資金の心配がなくなるので

死亡保険金の見直しが必要と言われるのは
そのためなのです。