八王子で年金づくり やさしさナンバーワンの女性FP ベターライフスクエアでできること(3)

ベターライフスクエアはどこの企業にも属さず
中立な立場で個人の生活設計を支える
女性ファイナンシャルプランナーの事務所です。

ベターライフスクエアではどんなことができるのだろうかということを
思っている人もいるので

少しご紹介したいと思います。

シミュレーションからどの選択がいいかを考える

ベターライフスクエアでは、さまざまなシミュレーションを行います。

当事務所で考えるシミュレーションは、

「こういう風にしたら どうなるか?」をあなたが判断するために
数値におとして何パターンも見てみる
ことです。

かなりのボリュームなので
無料ではありません。

その分いろいろなパターンでシミュレーションができます。

あなたにとって
いい選択肢を見つけるには
最適の方法だと言えます。

その代わり、シミュレーションは
あくまで「方向性の確認」です。

例えば

Aという選択をすればKの方向に進み
Bという選択をすればLという方向に進み
Cという選択をすればWという方向に進むんだな

という指針を決めることができます。

選択しようとしていることによって
どんなところに気を付けていればいいのか、
見通しがつけられるようになります。

シミュレーションの例

・住宅ローンの返済プラン(Aという金利プランの場合 Bという金利プランの場合 Cという金利プランの場合)
・将来の貯金額の行方
・年○パーセントで運用できれば○年後にはこれくらいの資金が準備できる
・介護施設(A施設の場合 B施設の場合 C施設の場合)、これくらいの費用ならば暮らしていけそうだ

といった個人のためのシミュレーションもあれば

・この特別支出を○年後に発生させた場合は
年間の納税額や社会保険料総額はどうなるのか(専門の士業の人と連携をします)

・自分の資産のうち、次の代に動かすタイミングを○年後にするのと
○年後にする場合は、どんな資金の流れになるのか(専門の士業の人と連携します)

・退職金設計として生命保険を活用し、○年後に退職した場合他の収支とのバランスはどうなっているのか

といった
法人や経営者の視点でのシミュレーションもあります。

こういたシミュレーションシートは
ただ作っただけでは活かすことができません。
このシートで確認したことを現実にフィードバックすることが大切です。

何もわからないまま、
ただ、いつもの1年を過ごしてしまうよりは
改善できるきっかけになる
のではと考えています。

自分一人で抱え込まない方法として
客観的に見れるシミュレーションは、

その人のもやっとした不安を減らすきっかけとして
大切なものだと思います。

【住宅ローンの返済計画の相談】や【家を買った後の支出が適正なのか】心配がある方は
こちらへどうぞ。

[contact-form-7 404 "Not Found"]