家を買う前に分かっていないと困ること<固定金利のすすめ>

一戸建ての住宅ローン相談を主にお受けしている
ベターライフスクエアです。

今回は固定金利です。
固定金利は

・ずっと返済期間中同じ金利でいられるもの

・一定の期間だけ同じ金利でいられるもの

この2つがあります。

金利で見ると

返済期間中ずっと同じ金利のものの方が高い金利。
一定の期間だけ同じ金利でいいものの方が金利が低い。

一定期間だけ同じ金利のものの方が
選びやすいかもしれません。もう一方のものよりも金利が低いですからね。

金融機関によって

一定の期間だけ同じ金利(固定期間2年、3年、5年、10年など)
のものでも

固定期間3年と5年で比べてみた場合

本来の法則で行けば

3年のほうが金利が低いはずですが
5年のほうが金利が下がる状況があったりもします。

優遇金利を付けたり
金融機関で「おすすめ」という期間を低く設定することもあります。

他の金融機関と比べてみるとなおいいですね。

金融機関の「推し」ローン

なのだと思ってみるとよいと思います。

返済期間の中で一定の期間だけが
決まっている金利なので

次の金利見直しの時
どうしたらいいか考えることになります。

何回も考えるのは面倒だという人は
最初から同じ金利が続くものを選んだ方が
いいと思います。

住宅ローンの決め方がわからない、どのプランにすべきか悩んでいる
そんな方はこちらからどうぞ。

[contact-form-7 404 "Not Found"]