家を買う前に分かっていてほしいこと<雰囲気にのまれない>

ベターライフスクエアでは
一戸建ての住宅ローンを主にご相談をお受けしています。

家を買う前の人に伝えたいことは
いくつもあります。

その中で特に気を付けてほしいことを
紹介していきたいと思います。

<家を買うことになってしまった状況を避けること>です。

家を探している途中に不動産会社さんなどから
金融機関の融資の審査を受けてみないかと言われ
やってみたところ

この物件は買えますよ

と言われてしまったときです。

この家なら買える=ローンの融資は受けられる
ということになると、
「いつまでに決めてください」と言われます。

これってもう買うことに進んでいますよね。

いいなあと思える家が見つかった(でもまだ決めてないけれど)
借りれますよと言われた(まだ決めてなかったけれど借りれるならいいなあと思う)
期限はいつまでですと言われる(金利は毎月変更するので期限がある)

いやいや、、、、、

これだけで進んでしまうのは怖いです。

ローンが通りますと言われても
ぼやっとした価格のまま家を探してしまうと

そうか・・・

ローンは通るということは
返せるんじゃないか

という気持ちが先行してしまい

資金計画をしないまま買うことになってしまいます。

うまくいけばいいですが

今は収入が上がっても
社会保険料は上がっている
消費税だって一部を除いて上げることになっていますよね。

手元に毎月届くお金が少なくなって
その中から買うもの1つ1つに税金のかかり方が変わってくるわけで

お金の計画ができていなければ
ローンが返せなくなる可能性が出てきます。

家を買ったことによって
今までかからなかった支出項目も増えます。

家を買うことになってしまう状況になると
それに応じようとしますが
<断る>という選択も必要なのです。

住宅ローンのご相談は
こちらです。

[contact-form-7 404 "Not Found"]