中古物件でも価値を上げられる方法

家を探していると「リフォーム済み」よりも、
「リノベーション」という言葉の方が気になります。

何か違うのでしょうか?


リフォームは外壁塗装、増築など「メンテナンス的な要素」が強いです。

リノベーションは中古住宅の価値を付加するやり方として使われます。

駅近だけど
ボロボロで住みたくないと思われていた物件でも

リノベーションで
きれいにしてもらった住まいになれば、
<利便性があって、おしゃれ>という新たな価値が生まれてきます。

その結果、
購入してもらえたり、借りてくれる人が出てきます。

ライフスタイルという価値をつけてくれるものです。

リノベーションをするには

もともとリノベーションをしている住まいを買うか
自分で購入した住まいをリノベーションしてもらうか

どちらかになります。

リノベーションが終わっている住まいならば
これからの生活のイメージがしやすく

自分で取得した住まいのリノベーションならば
自分でイチからデザインなど好みを取り入れていける

という点がメリットになります。