貯金が準備できて住宅ローンを決める場合

住宅ローンの金利と利息について見てみましょう。

3000万円の住宅ローンを契約し
金利が2パーセントであった場合。
(返済期間30年)

毎月の返済額は11万円
最後までこの金利で払い続けた場合の返済額は

3990万円ほどになります。

住宅ローンの当初の契約は
3000万円なので利息は全部で990万円です。

もし、頭金として500万円ためてから
住宅ローンを2500万円にしたいと考える
Mさんのような人がいた場合

あなたならどう考えますか?

金利が同じ場合は2500万円に対してつくものだから
3000万円の人よりは利息が少なくて済みます

毎月の返済額も9万円ほどです。
2500万円の住宅ローンにつく利息は
30年間同じ条件で払ったら820万円ほどになります。
全部で3300万円ですね。

その代わり、返済期間が30年と同じなので
Mさんが500万円の貯金を作るまでに何年かかっているかによっては
ライフプラン上、返済期間を調整しなければならないこともあります。

Mさんがもし、
30歳でローンの頭金を500万円準備したいと思い、
貯金するまで5年かかれば
35歳です。

30歳でローン開始していれば返済期間30年ならば60歳までの返済となり、
35歳になってローンを開始していれば65歳までの返済となります。

退職する年齢の心配があるならば

繰り上げ返済や
返済期間の短縮

をする方法も頭に入れておかなければなりません。