住宅ローン借入額の考え方

家を買いたい人が、
頭金のお金があまりないのに住宅ローンを組むことは
あまりおすすめできる状況ではありません。

住宅ローンが契約できる範囲というのは
以前は全額なんて無理だったはずですが

最近では購入価格の100パーセント以内ならば借りられる
ということだってあります。

見方によっては「あ!100パーセント借りられるんだ」と思われてしまいますが
ベターライフスクエアでは
なるべく資金余力を持っていてほしいので避けたいという考えです。

またこの方法も、
返済計画次第という考え方はあります。

結果的に「借りた分と金利分を返していける」ならば
最大額借りるという方法も活用できると思います。

家をすべてローンで買うことを心配しているというよりも
ローンが返せるような
家の価格
が大切だと考えています。