家も買うと保険も増える(3)

建物に関係する保険、
地震保険について紹介します。

地震保険は住宅ローンを契約するときに
絶対つけてくださいとは言われませんが

個人的にはつけておいたほうがいいと思っています。

そしてちょっと矛盾するかもしれませんが
あまり頼りにしてはいけない保険とも言えます。

「え!せっかく保険料払うのに頼ってはいけないの?」
という声が聞こえそうです。

日本に住んでいる限り
地震は切っても切れない災害です。

そのため、日ごろの備えを多くの人が行っています。

災害時に持ち出す荷物を準備するのと同じく
地震保険も備えのひとつ
です。

しかし、地震は建物が崩壊するだけでなく
広範囲の人がその影響を受けます

被災する人数がとても多いのです。

多いということは、すべてを完璧に補償するのが
難しいことなのです。

地震になってしまったら、
地震保険の支払いによって
損害保険会社の事業継続ができなくなる可能性もあります。

こういうことがないように、国のサポートで資金準備もでき
保険料もなるべく負担のないように設計されています。

また地震保険がちゃんと加入者全体に機能するために、

保険会社が支払う地震保険金も
建物の火災保険金額の契約額の30パーセントから50パーセントまでとなっています。

金額は建物の地震保険の場合5000万円までです。

また、年末調整には地震保険料控除として
申告することができます。

建物の火災保険とは違うところなので
確定申告や年末調整で手続きをしましょう。