返済額が減っていく住宅ローン

住宅ローンといえば
固定金利
変動金利
というように金利の種類に目が行きますよね。

実はこれらの住宅ローンは
ほとんどが

元利均等返済というやり方で
返すものになっています。

元利均等返済とは

利息と借りているローンの額がずっと同じで(金利が変わらない限り)

返していく時の計画が立てやすい

方法になります。

これ以外に
実は元金均等返済という返済方法があります。

元金均等返済は

最初の返済額が多くて
返済が進むにつれて返す金額が減る

返し方です。

元金均等返済を選ぶ場合、

最初の返済が大きいので、
それに求められる返済能力
(返せるだけの収入)が求められます

金利が同じ、返済期間が同じといった場合

元金均等返済と元利均等返済

どれだけの返済額差が出るかは次回紹介します。