選べなくなる心理とは

お金の心理について書いています。

今日は選択不全です。

投資だけに限らず言えることですが

人はたくさんのものの中から選んでくださいといわれると
選べなくなってしまう

ということがあります。

ある高級食品を扱うお店で
ジャムを売っていたのですが

一方は30種類
もう一方は4種類のものを並べていました。

どちらのお店もお試しでクラッカーに2、3種類のジャムをのせて
食べることができるようになっています。

試食をした人は
30種類のお店のほうが多かったのですが
結果的にお店でジャムを買ったのは4種類の人のほうが多かったという話です。

これは金融商品についてもいえることだと思います。

TEDというプレゼンテーション番組で話している人がいましたが
投資商品が豊富であれば、その人のためになっているかというと
選べない状況にさせているのですよね。

確定拠出年金の商品数が多ければ選びやすいかというと
そんなことはない
といっていたのを思い出しました。

種類が豊富にあるからといって
どれがいいのか
自分にとって何がふさわしいか分からない

というのでは
意味がないということですね。

これはどんな金融商品でもサービスでも
思い当たる話だと思います。

コメントの入力は終了しました。