営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

収入が高ければ受け取る年金も多いのか ※2020年9月上限改定を追記

収入が高ければ受け取る年金にも充分反映されるのか

 

会社員の方などが払っている厚生年金保険料は、

給料に応じて年金額に反映されています。

厚生年金は収入に応じて年金も増えるといわれます。

 

ここで疑問があります。

たくさん働きたくさん収入を得ていれば

年金にも充分反映され、余裕のある暮らしができるのでしょうか。

 

給与明細見たら、厚生年金保険料って出てました

 

おお~!

 

大きな金額ですよね

 

大きかったですか。

 

これだけ積み立ててたら安心って思っちゃいました

 

あー・・・それは自分の年金じゃないんですよ

 

え!違うんですか?

 

厚生年金保険料は等級で決まる

 

厚生年金保険料は1等級からはじまり、31等級まであります。

2020年9月より32等級が新設されます。

標準報酬月額でみると

1等級は8万8000円
31等級は62万円です。

32等級は65万円です。

標準報酬月額が62万円以上であれば、等級は上限にのため31等級ということになります。

標準報酬月額が65万円以上であれば、等級の上限になっているため32等級です。

 

 

厚生年金保険料額は標準報酬月額に18.3%の保険料率を掛けた金額として計算します。

この保険料率は見直しがあり、段階的に上がってきましたが今は固定の料率です。

ここから算出された金額を半分ずつ、会社と従業員本人で払います。

 

1等級の人は8052円(会社との折半後の金額)

31等級の人は5万6730円(会社との折半後の金額)

32等級の人は5万9475円(会社との折半後の金額)※2020年9月より追加

になります。

 

賞与についても同じ保険料率で算出し、賞与を受け取る前に払っています。

 

また、これは将来に向けて自分用に積み立てているものではありません。

 

 

【払う年金】保険料や等級が決まる基準期間は?給与はなんのこと?

 

先に出てきた等級が決まるための「標準報酬月額」とは、何でしょうか?

給与(賃金)の標準となる額です。

賞与の時にも厚生年金保険料は払っています。年3回以下であれば賞与となります。こちらにも標準賞与額があり上限150万円です。

 

標準報酬月額というのは7月1日起点で決めるもの(定時決定)が基本になります。

4月から6月に支払われた給与(賃金)を総月数で除したものです。

会社(事業主)からこれらをまとめて届け出し、9月からの標準報酬月額に反映させます。

納付分は10月からです。

 

以下の手当や能力に応じた賃金も給与に含まれます。

 

 

収入を多くもらっている人の場合

 

現在の料率で計算された年金を受け取る場合を考えます。

 

基本的にはありえない条件だと思いますが、計算を簡便化するために

厚生年金の計算式で入社最初から賃金70万(賞与なし)として、

厚生年金保険料もそれに応じて40年納めている人だとしましょう。

 

【受け取る年金】厚生年金額の計算は複雑

 

厚生年金から支給される老齢厚生年金は
以下のように計算しますが、かなり面倒です。

 

メモ

AとBを計算

AがBより下回ればBを採用する方法。

 

A:本来の計算式 ※生年月日による

平均報酬月額×(9.5/1000~7.125/1000※)×H15.3までの被保険者月数

+

平均標準報酬月額×(7.308/1000~5.481/1000※)×H15.4からの被保険者月数

 

B:従前額保障(平成6年水準で年金額を評価したもの)

平均標準報酬月額×(10/1000~7.5/1000※)×H15.3月までの被保険者月数

+

平均標準報酬月額×(7.692/1000~5.769/1000※)×H15.4からの被保険者月数

×

再評価率(2019年度は0.938)

 

 

 

そこで、今回はざっくり形式で計算をします。

 

平均標準報酬月額70万円の場合、

平成15年4月以降の計算を採用(7.5/1000の乗率)
本来の年金額計算式(A)を採用

この場合

70万×7.5/1000×480月=252万円

年金額は、月単位で21万となります。

保険料を見てみましょう。

31等級の場合5万6730円です。

32等級の場合5万9475円です。

40年納めれば

約2723万円です。

約2854万円です。

(事業主も折半なのでこれだけ納めています)

 

 

 

====ねんきん定期便 5つのポイント====

 

 

【受け取る年金】国民年金は満額受け取る(40年加入)

 

国民年金を40年払って老齢基礎年金を満額受け取った場合は
2020年度 年金額は78万1,700円
月単位で約6万5,000円となります。

 

 

【受け取る年金】最大保険料を払った場合の毎月年金額

 

つまり、厚生年金と国民年金で

毎月27万5000円ほどを毎月受け取ることになります。

 

この金額を65歳から年金として受け取った場合、9年弱で自分が払った保険料分までになります。

 

 

<参考>

日本人の平均余命は

男性 81.41年

女性 87.45年

(出典:厚労省 令和元年「簡易生命表の概況」)

 

 

受け取る年金と求める生活の格差を埋めていこう

 

ここで立ち止まって考えてみましょう。

30万円弱の年金での生活はできそうでしょうか。

 

まずは現在の暮らしの振り返りをし、将来設計を進めてみましょう。

 

 

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.