営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

厚生年金保険料はどんな風に決まるのか

厚生年金保険料はどんな風に決まるのか

 

将来のお金を備えるうえで、国の社会保険制度に払っている
自分のお金を知ることは大切です。厚生年金保険料の決まり方や計算に影響する給与について紹介します。

厚生年金保険料は将来、年金を受け取る場合の資格や年金額計算に反映されます。
給料から引かれている厚生年金保険料は、どのような基準で決まっていくのでしょう。

 

保険料の決まるタイミングは3つ+2つ

厚生年金保険料の決まり方はいくつかあります。必ずあるのが年に1回の「定時改定」です。

 

資格取得時決定

 

雇用開始のときの場合を指します。6月から12月までの雇用開始の場合、翌年の8月までこのときの標準報酬月額を採用します。

 

定時決定

 

毎年1回、4月から6月の給与から標準報酬月額を決めます。9月から翌年の8月まで採用されます。

 

随時改定

 

大幅に等級変動(基本は2等級以上の差)があった場合標準報酬月額を変更します。昇給や降給があった場合で、この時の給料は固定部分での変動となっています。

8月まで採用し、7月までに変更している場合は翌年の8月まで採用します。

 

これ以外に以下の2つがあります。

 

産前産後休業終了時決定

 

産前産後休業を終え育児休業をとらない場合、4か月目から改定されます。

終了後翌日の属する月から3か月分の給与をもとに等級の変更を行います。(支払基礎日数は17日あり、改定前と1等級以上の差があること

 

育児休業終了時改定

 

産前産後休業を終了後にとらず、育児休業終了後に短時間勤務などで給与が大幅に低下している場合に改定されます。(3歳未満の子を養育していること

終了後翌日の属する月から3か月分の給与をもとに等級の変更を行います。(支払基礎日数は17日あり、改定前と1等級以上の差があること

 

※17日の日数に満たない月がある場合、3か月平均となるのは次の月持ち越されます。4か月目に17日を満たした場合となります。

 

 

報酬月額と標準報酬月額

 

保険料は給与によって決まります。

報酬月額とは「1か月分の給与」のことで、給与には、基本給以外に通勤手当や住居手当、能率給、残業手当なども含まれます。

 

 

定時決定がされる場合4月から6月までの総額を月数で除して得た額で標準報酬月額を計算します。それを「厚生年金保険料額表」の中の等級区分にあてはめます。

その等級ごとに「標準報酬月額」があります。そのため、標準報酬月額と報酬月額の金額には差があります。

 

 

 

 

給与と標準報酬月額は同一ではない

 

標準報酬月額と等級が分かれば厚生年金保険料も決まります。

3か月の平均額から算出された「標準報酬月額」は実際に受け取っている給与と同じ額ではありません。

年金を確認するときのねんきん定期便でこの疑問がでてくるようです。心配な方は確認してみましょう。

保険料が決まればほかの改定がない限り、9月から来年8月までの厚生年金保険料として1年間固定されます。

 

厚生年金保険料が決まるまで

 

報酬月額<〇〇〇〇〇円以上から〇〇〇〇〇円未満>という範囲で
それぞれ等級が割り振られている表があります。

 

ここから厚生年金保険料は算出されます。

 

報酬月額は1か月の給料の金額という意味です。

 

厚生年金保険料の計算をする場合、給料が固定なら
過去の4月から6月の給与明細で、払っている保険料の根拠はおおよそ割り出すことができます。

 

 

報酬月額→等級→厚生年金保険料

の順番で確認してみましょう。

 

 

厚生年金保険料には
1等級から31等級まであります。

 

報酬月額が受け取っている給与の範囲で探します。

 

 

報酬月額と等級

 

定時決定の場合、4月から6月分の給与を3で除したものが当てはまるところを探し等級がどこになるか確認します。

 

1等級 9万3000円未満
2等級 9万3000円から10万1000円未満
3等級 10万1000円から10万7000円未満
4等級 10万7000円から11万4000円未満
5等級 11万4000円から12万2000円未満
・・・
28等級 51万5000円から54万5000円未満
29等級 54万5000円から57万5000円未満
30等級 57万5000円から60万5000円未満
31等級 60万5000円以上

 

31等級の報酬月額は60万5000円以上となっています。

等級ごとに厚生年金保険料が決定します。

実際負担している保険料は事業主が折半です。

 

等級と保険料(事業主の払っている分を除く)

 

等級が分かれば次に保険料を確認します。

 

1等級 8,052円
2等級 8,967円
3等級 9,516円
4等級 10,065円
5等級 10,797円
・・・
28等級 48,495円
29等級 51,240円
30等級 53,985円
31等級 56,730円

 

 

 

給与といってもいろいろありますね

保険料が決まるまでと、計算に関係する給与について紹介しました。給与明細やねんきん定期便をみるときに確認してみましょう。

 

 

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.