営業時間10:00~18:00(火曜 休)

ブログ

厚生年金保険料を見てがっかりした 貯金ではだめなのか

厚生年金保険料を見てがっかりした 貯金ではだめなのか

 

「厚生年金保険料が高い」という感覚は

普段働いて手元にくるお金で暮らしていると気づきにくいことです。

 

改めて給与明細を見てみると払っているものがいろいろあります。

「厚生年金保険料高くない?」そう思う人は少なくありません。

 

厚生年金保険料2つの役割

 

厚生年金保険料から老後のお金となる年金を考えた場合、2つの役割があります。

 

今の年金受給者に使われている

 

日本の年金は、「賦課方式」の制度になっています。

働いている人たちの保険料を財源にして年金を受け取っている人たちの給付に充てています。

働いていながら保険料をおさめる人数が多ければいいのですが、今は少子高齢社会なので1人の高齢者を支える人数も昔に比べると少ないです。

賦課方式の制度は、先進国でも採用されています。

 

今後の年金資格になる

 

日本の年金は国民年金と厚生年金があり、会社員の場合これが基本となっています。

国民年金は定額で、厚生年金は定率の計算をされ年金額が決まります。

 

社会保険料控除で節税になっている

 

厚生年金保険料は、健康保険や介護保険などと同じく社会保険料控除の対象です。

保険料を払うと所得税に関わる計算過程で手取りが減るので、所得税や住民税の対象となる税金は抑えられています。

控除は受け取る予定のお金から引かれるもの、目の前の生活には利用できませんが「税金が高い」と思う人はほかの控除なども併せて見てみるといいかもしれません。

 

 

積立方式ではダメなのか

世界でみると、年金制度のようなものは2つのタイプになります。賦課方式と積立方式です。

積立方式は自助努力で老後の年金を準備していく方式です。日本は賦課方式なので、「自分の年金は自分で準備したい」と考える人も少なくありません。

賦課方式と積立方式にはそれぞれメリットデメリットがあります。

 

(出典)

「厚生労働省ホームページ」 いっしょに検証!公的年金 漫画ダウンロードページより

賦課方式

〇社会的扶養の仕組みであり、その時の現役世代の(給与からの)保険料を原資とするため、インフレや給与水準の変化に対応しやすい(価値が目減りしにくい)。
〇現役世代と年金受給世代の比率が変わると、保険料負担の増加や年金の削減が必要となる。

積立方式

〇民間保険と同様に、現役時代に積み立てた積立金を原資とすることにより、運用収入を活用できる。
〇インフレによる価値の目減りや運用環境の悪化があると、積立金と運用収入の範囲内でしか給付できないため、年金の削減が必要となる。

※少子高齢化で生産力が低下した影響はいずれも受けるが、積立方式は運用悪化など市場を通して、賦課方式は保険料収入の減少などを通して受ける。

 

日本も将来を見据えて制度が少しずつ変わってきています。

基本は賦課方式でそれ以外は自助努力、そして健康ならば労働などからの収入を増やすという流れです。

自助努力の例としてあるのが、確定拠出年金やiDeCo(イデコ)という拠出型制度の採用です。

この制度を利用することで「拠出したとき」「運用しているとき」「受け取るとき」3つの段階で節税効果も受けることができます。

 

積立方式だと困るパターン

  • 積立の方がいいけれど、いつでもうまく運用できるとは限らない
  • 積立の方がいいけれど、所得が低い場合余裕資金ができず、高齢期に困ってしまう
  • 積立の方がいいけれど、子どもが産まれたり家を買うと、積立する金額を常に維持できないかもしれない

 

こんな場合も考えると、賦課方式との組み合わせで「安定を保つ」「自分も積立でできる範囲で運用する」ことが心の安定につながるかもしれません。

 

まとめ

目の前の保険料の悩みだけを考えてしまいがちです。

いいこと、困ることがそれぞれあります。

今だけでなく、長期的に総合的に見ること。
そして自分ができることを改めて考えることも大事なのだと思います。

Copyright© ベターライフスクエア , 2020 All Rights Reserved.