ライフプラン作成 マネー相談の前に  よくある質問

●何を準備したらいいですか?

<ライフプラン作成の場合>

まずお話を伺うところからとなりますので、

何も準備していただかなくて大丈夫です。

<マネー相談の場合>

相談の内容によります。

相談内容が1つではないことも多いのですが、
もしひとつひとつの相談であれば、以下のものを準備いただければと思います。

それ以外は個別に必要なものをお伝えします。

■住宅ローンの相談でこれから買おうとしている方
源泉徴収票や確定申告書、現在の支出がわかるもの(特に家賃や駐車場)、(検討しているなら)マンション物件のチラシ、(検討中なら)住宅ローンプランをお持ちください。

■住宅ローンの借り換え相談の方

現在の住宅ローンの内容、住んでいる居宅の内容が分かるもの、源泉徴収票や確定申告書、住宅に関する今かかっている支出(駐車場、管理費など)のわかるものをお持ちください。

■生命保険相談の方

現在加入中の保険内容のわかるもの、健康診断書類、現在の収入がわかるもの、(あれば年金加入の状況が分かるもの)、貯金の状況がわかるものをお持ちください。

●相談すれば必ず解決できますか?

すぐに解決できるといいたいところなのですが、
そうとは言えないのが現実です。

例えば、この家を買いたいと思っている人に解決する手立てとして

「買える前提」となっている場合があります。

これはその人から見れば「解決できていない」ことになるかもしれません。

資金的に見て将来を考えると、

「この家を買うのはやめたほうがいい」

ということができるのは、中立な立場でご相談をお受けしているからだと思っています。

相談内容によっては税理士や弁護士、司法書士、社会保険労務士などが
関わる方が良い解決につながる人もいます。

貯金をいくらしたい、家を買いたい、年金の準備をしたいといった
計画が必要な内容は

その場で結果は出てきませんので
ご理解いただければと思います。

初めはとても不安だとは思いますが、
一度じっくりお話を聞かせてください。

●相談内容として早く終わりそうなのはどんな内容ですか

当事務所のようなファイナンシャルプランナーの業務の場合、

長いお付き合いでのサポートをするのがメインの仕事です。

あえてその中から言うのであれば・・・

1回から2回で相談が解決できるものは、「セカンドオピニオン」です。

住宅ローンのプランが「この方法でどうだろうか」と不安な時
生命保険のプランが「この保険でどうだろうか」と思ったとき、

ベターライフスクエアはセカンドオピニオンとしても有効です。

保険料の安さや住宅ローンの利息が一番少ないところなのかなどは
1回でお伝えできませんが、<目的にあったものかどうか、リスクを知る>ためならばご利用ください。

●相談する自信がないのですが

初めて相談する方は、とても勇気がいると思います。
ベターライフスクエアに来られた方は、最初は大変だったと思います。
しかしお会いしてしまえば、次からは安心して続けていられる方も多くいます。

もちろん、相性があるので合わない方もおられると思います。

まずフェイスブックページの30分無料相談クーポンをご利用いただいたり
ミニセミナーなどに参加してみるのも1つの方法だと思います。

「こういった相談は可能だろうか」といったものもお気軽にメールでお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする