NISAと特定口座 確定申告はどうしたらいいの

投資をしている人の場合、
確定申告はどうしたらいいの?という疑問があると思います。

利益が出ていればそれに対して税金がかかり、
手元にくるお金が決まるからです。

証券会社で口座を設定するとき
一般の口座
特定口座

そしてNISAがあります。

利益が出た場合
一般の口座は税金の申告をします。少額ならば申告は不要です。
(詳細は税務署でお聞きください)

多くの人は特定口座にしています。
その口座内ですでに税金の課税が終わっており、残ったお金が手元に来ます。
何もする必要はありません。

NISAの場合はもとから非課税となっている口座なので
特に申告する必要はありません。

一般口座と特定口座の人で
過去の損失分を現在の利益と相殺することで
1年分の利益に対する税金が少なくなるように確定申告
する
という「申告分離課税」もあります。

これは3年まで繰り越しできます。

今年から投資商品で利益が出ると税金の対象となるものも範囲が広がったので
来年以降の確定申告でこのような申告をすると、税金を少なくすることもできます。

コメントの入力は終了しました。