保険をやめたら解約金 確定申告はどうなる

確定申告の時期なので
保険料の話を紹介したいと思います。

長年かけていた保険で掛け捨てではないものだった場合
解約返戻金というお金が発生することがあります。

一時金のようにお金がもらえるので
ちょっとうれしい反面、確定申告するのかどうか悩むことがある人は
確認してくださいね。

解約金は今まで払った保険料全額と比べて多いですか

はい)の人は次へ進んでくださいね。(いいえ)の人は申告の必要はありません。

<解約金-払った保険料>の差はいくらですか

(50万円以上)ならば50万円を差し引きます。

それ以外ならば申告不要です。

差し引いた後の金額×2分の1(つまり半分)  
税金がかかる対象になります。

たとえば・・・

解約返戻金 80万円
払った保険料の総額 120万円

であれば解約返戻金の方が少ないので申告不要です。

解約返戻金 160万円
払った保険料の総額  100万円

であれば解約返戻金の方が60万円多いので、

60万円-(特別控除額)50万円=10万円

10万円×2分の1=5万円が課税される対象額となります。

一時所得の課税対象額は

この後ほかの所得と合算されて
総合課税されます。

つまり
ほかのお給料などと一緒になるというわけです。

最初の段階で50万円の特別控除があり
そのあと2分の1にしているので、ほかの所得とまとめられたときには
大きな影響が出ないように配慮されてるわけですね

解約返戻金がでたことで、利益となっているときは
<一時所得>という分類になるので
このように計算してみましょう。

コメントの入力は終了しました。