住宅ローン借り換えは金利の低さで選ぶべきか

金利が下がったのを機に
住宅ローンの借り換えを考えている方。

借り換えにお得かどうかの条件を「金利」だけで決めていませんか?

確かに金利が下がっていれば

それに応じて
借りているローン金額に対する利息が少なくなります。

でも、返済額が減ったとしても
借り換え前の時にかかるお金のことを忘れていませんか?

借り換えをするときには

まず、以下のような費用の有無、
そしていくらなのか確認をしましょう。

・団体信用生命保険料
・保証料(今までのものと借り換え後のもの)
・事務手数料
・登記費用・印紙代
・火災保険料(今までのものと借り換え後のもの)
・登記解除費用・印紙代

コメントの入力は終了しました。