条件にあった建物が見つからなかったら

ローンの金額を決める時、少しでも小さな額の方がいいとお伝えしました。
そうするためには・・・

住宅資金として準備するお金を
家計の中から、
妻のお金の中から、
夫のお金の中から探し切るということ。

そして、できる限り
返済が大きくならないような家を目指すこと。

そのための考え方の一つとして、

家にこだわりをもっているかどうか
駅から近いなどの利便性を重視するかどうか

のどちらに比重をおくかということ。

これらを紹介しました。

それでもなお、価格が高い場合はどうしたらいいでしょう。

まず、中古を探しましょう。

建物の価値は
新築から外れるとあっという間に価値が下がっていきます。

これは買う側からするととてもお得なことです。

時折築年数が浅い物件が出てくるため
情報収集力がカギになります。

また、今ではリノベーションなどを活用することで
きれいな空間にかえてから住むことができます。

生活の質というのは

環境づくりだけではなく
返済についてもきちんと考えなければ
資金面で長い間維持することが難しくなります。

ぜひ、無理のない家を選び
自分たちの生活を豊かにできるよう、
慎重に進めていってくださいね。

==================================

家を探す前のチェックシート(無料)プレゼント

PC版はこちら
スマートフォン版はこちら

コメントの入力は終了しました。