住宅ローンの保険 スタートの違いは2つだけ

家を買うと、返済している人が亡くなってしまった場合
返済に困ります。
ローンを提供した側、つまり銀行なども困ります。

どちらも困ってしまうし、
どちらにとっても大きなリスクです。

そのため
保険に入ります。
団体信用生命保険です。

銀行などで入るときは
この保険料は支払いません。
銀行が払ってくれます。

○○付の団体信用生命保険の場合、
金利の上乗せなどで銀行でも支払う保険があったりします。

*****************************************

フラット35では
「機構団体信用生命保険特約」と言われます。

銀行と同じく
3大疾病つきのタイプもあります。

ここで忘れてならないのは、
フラット35の団体信用生命保険は
1年ごとに保険料を支払う
ということです。

特約料と言われています。

クレジットカードでも
口座引き落としでも対応できるので
ポイントを目的にするならメリットです。

特約料は
その年の残高と特約料率で計算します。

金額について事前にお知らせは届きますが
毎年毎年のことなので
忘れないでほしい「大きめの支出」のひとつです。

払い漏れてしまうと、脱退となり再加入ができません

気を付けましょう。

コメントの入力は終了しました。