家を買うときのちょっと迷惑な心理

家を買う前のシミュレーションというのは
目の前に値段の付いた家がない状態です。

まだ家が存在していないです。

「この家ほしい!」という気持ちが高まっていないので
家の値段を決めたうえで、家さがしができます

予算が決まっていると
「ほしい!」という家が絞られているので、
家を買った後にも余裕のある暮らしが実現できます。

予算が決まっていても
予算以上の値段で売っている「いいなあ」と思う家が
あった場合は
自分の気持ちに負けないような工夫がいります。

例えば・・・
「この家を買ったら、悲惨な暮らしになって、家族もめちゃくちゃになってしまう」

「この家を買ってしまったら、今までできた家族旅行ができなくなってしまう」

「この家を買ってしまったら、今以上にゆとりのない暮らしが見える・・あ!自分のこづかいが減ってしまう」

そんな風にマイナスイメージを持っておいた方が
買わずにすむための
「ストッパー」となってくれると思います。

大きな値段のものを買う時
人はなぜか「100万増えても大丈夫だな」などと思ってしまいがちです。
普段の生活で100万円の者を買う時はどうですか?
なかなか即決する人はいません。

家を買う時はもともと大きな値段のものなので
100万円という感覚がマヒしてしまって「この位ならいいか」と思ってしまいがちです

100万円貯めるのにあなたはどれだけかかりますか?
100万円作るのに、苦労した経験はありませんか?
100万円という貯金目標ができたとき、あなたは達成することができましたか。どんな思いでしたか。

こんなことを思い出して、
お金の感覚がマヒしないように工夫しましょう。

コメントの入力は終了しました。