厚生年金保険料はいくらから始まるのか

八王子で小さな会社を応援するベターライフスクエアでは
社会保険のこともお伝えしています。

今回は厚生年金保険です。

厚生年金保険料はいくらからいくらの間で

払うのでしょう。

前に厚生年金保険料の決まり方について、
厚生年金保険料 計算のもととなる給料とはで書いています。

現在の厚生年金保険料はお給料や賞与の額によって
毎年9月の時点で新しい料率の計算となり、10月分から納付しています。

(お給料が大きく変動した場合はまた見直しされます)

お給料に応じて1等級から30等級まであります。

事業主と半分ずつ納める場合の金額は

1等級で8735.72円
30等級で5万5266.80円です。

厚生年金保険料の計算のもととなる「報酬月額」で
等級が決まりますが

1等級は
10万1000円未満
30等級は
60万5000円以上

となっています。

報酬月額が10万1000円未満であれば
同じ厚生年金保険料、つまり社会保険料控除になるので
この金額の範囲でたくさん働こうと思えるかもしれませんし

報酬月額が60万5000円以上であれば
同じ厚生年金保険料ならば、もっと働こうと思う人もいるかもしれませんし

あと一つ等級が低い29等級のほうがいいなと思っても、あまり変化がないなと
思う人もいるかもしれませんね。

人によって見方は違うので面白いところだと思います。

コメントの入力は終了しました。