マイナス金利の影響を予想すると

日本銀行のマイナス金利実行が決まり、

金融機関は大変忙しいことだと思います。

<融資系>

住宅ローン金利を低くして(すでに充分低いのですが・・・)
もっと自分のところで借りてくれる人を増やしたい。

不動産ローンの金利を低くして
マンション投資や戸建て投資をするすそ野を増やしたい。

事業資金のためのローンも、金利を低くして
借入先を増やしたい。

<投資系>

金融機関としては預貯金を増やしたくはないので
預金につく利息が減ります。

投資信託や保険といった金融商品に
預貯金の一部を動かしてほしいな、なんて思っているかもしれません。

証券会社の一時避難先として使っていた
MMFは償還予定などが出てくるかもしれません。

(どこに移動しようかと考えておかねば・・・。)
(投資商品を全般的に否定しているわけではないです。使い方なので)

<保険系>

そして保険会社の運用先も利率が低いものになってくるため
保険料を高くする可能性があります。

終身保険や個人年金あたりを軸とした商品ではないかと思います。

そして、外貨建ての保険の販売が増えるかもしれませんね。

(窓口のある金融機関で
売れ筋パンフレットのチェックをしてみたいなあと思っています。)

保険商品の中で、
商品の販売を停止するものも出てくるかもしれません。

もし、悩んでいるものがあれば
1,2カ月以内に契約をしておけば間に合うかもしれません。

ということで、
ちょっと心の声多めでご紹介しました。
(あくまで確定の話ではないです、参考になれば・・・。)

コメントの入力は終了しました。