夫婦で住宅ローンをはじめるとき(3)

夫婦2人で住宅ローンを考えた場合の
2つめは、ペアローンです。

ペアローンは
2人で分けて借りる住宅ローンというものです。

もし5000万円の住宅ローンがあったら
夫のローンは4000万円
妻のローンは1000万円
というのがペアローンです。

契約は2つになります。
ということは・・・手数料は増えます。

そして、住宅ローンの借り入れ審査は
それぞれに対して行われます。
なので住宅ローンの借入額が少し広く取れる可能性があります。

2人とも審査に通らなければならないので、
審査基準に応じて収入に対するローン割合を検討しましょう。

団体信用生命保険については
それぞれのローン債務分がつくので
自分のローン以外は万が一の場合返済する負担がかかりません。

手数料が増えてしまうので
住宅ローン控除のお得感や
収入の寄与度が対等のような夫婦には、活用できるやり方と言えます。

コメントの入力は終了しました。