アメリカの利上げから考える

アメリカのFRBが金利の引き上げを発表しました。
ゼロ金利と言われたアメリカの経済が動き始めるところです。

投資を勉強するうえで
世界の状況を「定点観測」でみるにはいい環境ではないかと思います。

好況がみえてきた、
でもまだ油断はならない

そういった境目です。

アメリカの金利が上がると
金利アップを求めてドルにお金が集まりやすくなります。

日本からもドルを買う人が増えるでしょう。

シンプルな流れとして
ドルの価値が上がれば円安になり、
輸出企業が多い大きな企業を指標とする日経平均株価などは上がり
輸出企業の個別銘柄の株は上がります。

<円安だと株高>です。

発表直後の世界の市況は全体的に上昇でした。
その後の日銀総裁の発表によりまた戻るという状況です。

ほかの一面も見なければなりません。アメリカのドルを保有してお金を借りている
新興国はドルが強くなるためより多くのお金を返済しなければなりません。

急激に上がると、結果的にアメリカへの資金返済が滞ってしまいます。

原油価格は下がっていることも
忘れずに。

今回の利上げは
ゆっくりゆっくり動いていくとのこと。

1日ごとではなく
長い期間の景況を
俯瞰して見ていきたいと思います。

コメントの入力は終了しました。