変動金利の決まり方

変動金利が決まるときには

以前紹介したような、
金融機関ではっきりと公言しているルールがあるところと
独自の考えで変動金利を決定しているところがあります。

ある銀行の説明書を読んでみました。

こんな感じです。

提供する住宅ローンの変動金利は独自の考えから基準金利を設け
それをもとに適用金利が決まります。

適用金利がローンを利用する人の金利となります。

毎月毎月見直ししていますが
実際にローンの金額に反映されるのは6月 12月の返済日の翌日になります。

見直されれば返済額も変わりますが

他の銀行のような5年ごとに返済額が変わるとか
125パーセントを上限として返済額は変わるというのものがないため

返済額が大幅に上昇する可能性もあるかわりに
返済満了時点で過大な金額が残ってしまうというリスクはありません。

のような感じです。

この銀行の場合

変動金利の変更は半月前公表のため
変動金利から固定金利に変更する余裕期間もあり、

変動金利から固定金利にするための手数料もかかりません。

このように、変動金利の考え方は金融機関によって
違いがあります。

まずは自分の利用している銀行の説明書を読み、
理解することから始めてみましょう。

コメントの入力は終了しました。