住宅ローンが始まったら受けられるおとくな制度

住宅ローンがはじまると
多くの人が住宅ローン減税制度によって

給料から払っていた所得税、住民税の一部が戻ってきます。

会社員Kさんの例で紹介します。

Kさんは今年春に家を買いました。

住宅ローンの金額は2500万円です。
年末までに残っている住宅ローンは2200万円です。

住宅ローン減税は年末時点で1年分の申告となるので
住宅ローン残高2200万円で計算されます。

Kさんの年収は550万円。
会社で源泉徴収されていて、金額は20万。
これがKさんの「仮におさめている所得税額」です。

ここから申告することで所得税を還付してもらいます。

住宅ローン減税は、年末残高に対する1パーセントです。
金額でいうと1年で最大40万円。

建物によって40万円ではなく50万円になります。

2200万の1パーセントなので
金額でいえば22万円までです。

でもKさんは源泉徴収税額が20万円なので
22万円の還付とはなりません。

年収や扶養の状況、ローンプランで還付額は変わるので
同じ条件ならば22万円×10年で220万円の還付がされると
イメージする程度で良いと思います。

コメントの入力は終了しました。