ねんきんづくりで金融商品の選択に迷ったら

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っている
ベターライフスクエアです。

今日も利回りのことを紹介したいと思います。

利回りって本当に有能です。

気になる国内の株があったとします。

投資額も配当金額も比べにくい。。。

「払った分だけ配当金も多い方がいいんだよなー」なんて
思ってみていたとしますよね。

こんな時にも配当利回りで比べることができます。

1株当たりの株価が3000円のA銘柄。
100株で購入するので30万円です。
1株当たりの株価が5000円のB銘柄。
100株で購入するのでこちらは50万円です。

配当金を調べてみましょう。

A銘柄の配当金  2000円ずつ配当金が2回出て合計4000円
B銘柄の配当金  5000円ずつ配当金が2回出て合計10000円

おおー!Aは4000円、意外と大きいなあ。Bの2分の1以下だよな・・・
Bは払うお金もAより倍以上だけど、1万円つくんだよなあ・・・・。

さて、ここで配当利回りを出してみましょう。

まず1株あたりにします。

Aの価格 3000円  配当金40円
Bの価格 5000円  配当金100円

配当利回りを出してみます。

A銘柄  40÷3000×100   1.3パーセント

B銘柄  100÷5000×100  2パーセント

なるほどーーーーーー。

Bの方が配当利回りは高いんですね。
でも、投資額は2倍以上あっても配当利回りは倍には届かないんだな・・・。

こんな風に考えることができます。

投資するものを比べるためには
計算をすることで、金融商品を選ぶことができるわけです。

人間の頭は判断基準の中に損得をいれてしまうことが
往々にしてあります。

ぜひ、こういうところも参考にしながら金融商品選び、
考えてみてくださいね。

国内株式の購入は一般のNISAで取り扱っています。
つみたてNISAも含めた資産形成のご相談をお受けしています。
(金融商品の推奨は行っていません)

フェイスブックページで無料クーポン発行中。フェイスブックページ30分無料チケットを提示してください。30分無料となります。

コメントの入力は終了しました。