机の上と投資信託はきれいにすべき~共通する5つの理由

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っているベターライフスクエアです。

今年は確定拠出年金、
特にイデコという名前、たくさん見かけましたよね。

そして今度はつみたてNISA。

投資をするときの不安材料として「お金が減ったり増えたりする」というところは
自分たちで体感して学んでいかなければなりませんが

利益が出たときの税金の優遇など
投資をするための環境は以前よりもよくなってきました。

そんな中で投資信託を選んだ場合
あなたはどんな判断で選んでいるでしょうか?

それとも、今後購入する場合
どんな基準で選ぶのでしょうか?

どちらの場合でも
投資信託を購入した後に続けてほしいことがあります。

それはあなたの仕事をするための机の上と

共通した理由があります。

1:きれいになっていること

きれいになっていると、気分が上がります。

トイレをきれいにしたり、玄関をきれいにするのと似ている感覚です。

投資を始めるといろいろな書類が増えてきます。きれいにしておくことでスッキリします。

2:何がどこにあるかわかること

「あの時の分配金?どうなったのかな?」

「運用報告書をダウンロードしてなかったのかな?」

というように

あれ?どこに行ったかなということが少なくなるとストレスも減ります。

投資をするとそれだけでドキドキな人もいるはず。

他に排除できるストレスなら、減らす努力はしたいですね。

3:誰かが見てもわかるようになっていること

もし、自分がいないときに

(老い支度や認知症になったとき対策などにも活かせます)

どんな状況になっているのか、

たとえ家族が見て内容が分からなくても、

それを専門の人が見ればわかるので

資産の居所もはっきり示すことができます。

4:快適であること

ストレスがかからないことと似ていますが、

机の上にたくさんのものがあって

その空いているスペースが手帳サイズしかない状況であったり、

物が積み重なりすぎて

落ちてきそうなところで作業をすることを想像してみてください。

苦痛ですよね。

快適な環境にしておかないと、

机の上では仕事に取り掛かるのも嫌になります。

投資信託の状況を見ることも面倒なことなので、

少しでも快適な方が進めますよね。

5:効率が上がること

日々忙しい人は、後から確認するときに

どのファイルやホルダーを見ればいいのかわかるので

時間もあまりかからずに、探し出すことができます。

次回は、実際に投資信託を買う前や買った後に

どういう風に整理整頓をしたらいいのか紹介したいと思います。

コメントの入力は終了しました。