資産形成をお手伝いする仕事

今年1年の振り返りをしてわかったことがあります。

私がファイナンシャル・プランナーだといっても
「保険」とくっついてきてしまうということです。

保険の紹介や見積もり、契約手続きはしていますが
当事務所の場合、あくまで仕事の中の一部分です。

貯金ができないのですと相談されれば、
こういうことをやってみてくださいとお伝えします。

住宅を買うことになったけど
何から相談すればいいかわからないと言われれば、
その人の状況に応じて

住宅ローンの返済の金額がどういう風になって、
この金利パターンだと
返済額が増えたときに
子供が大きくなった時の支出と
重なってしまうことがある
といった

将来のお金の流れを設計してみますよと言ったりします。

家を買う前の状況の人の場合

親からの資金援助と
住宅ローン控除の金額の組み合わせ方は、
一般的な計算ではこんな感じですよとか

夫婦で住宅ローンを組んで住宅ローン控除を受けるとすれば
夫がいくらで妻がいくらであれば今の制度上ならばこの位の控除額になりますねとか

いろいろな情報を組み合わせてお伝えし、
最終的にその方の決定に任せています。

結局、私は資産形成のお手伝いをする人
そういう風に言う方がファイナンシャルプランナーというよりも
いいのかな?などと思っていますが

まだまだ悩む年月は続くのかなと考えています。

コメントの入力は終了しました。