【八王子に住み続ける】介護保険と療養サービス

八王子でねんきんづくりコンサルティングを行っています。

ベターライフスクエアでは、あんしんの老い支度をご一緒に進め、改善点があれば
早めの気付きを伝えられるようなサポートを行っています。

2018年に
介護報酬の改定があります。

今まで次へ繰り越し、次へ繰り越しのように続いていた
介護療養のための病院も

来年度には、
とうとう他の施設などへの変更になります。
経過期間はあるので<いきなり変更>にはなりません。

この<介護療病病床>ですが、
過去10年の間に減少していて、

2006年に12万700床であったのが
2016年には5万8686床となっています。

いつかなくなるとわかっているので
この10年の間に別のものに移行しているという感じでしょうか。

常に医療行為が必要な人 安定している人向けに新設される介護サービスとは

2018年度から新設の介護サービスには
3つのものが検討されています。

そのうち大きく分けると

・医療行為を含んだ施設系のサービス(その1)
・医療行為を行う病院が住居系サービスを内包するサービス(その2)

の2つになるのではと検討されています。

3つというのは、医療行為を含んだ施設系のサービス(その1の方)の中が

・容体が急変する可能性が高く、継続的な治療が必要な人(その1-1)と
・比較的病状が安定している人(その1-2)

の2つに分けられるので、

これで3つとなるイメージです。

(出典:厚生労働省 社会保障審議会 介護給付費分科会資料 より 
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000174013.pdf)

介護保険と医療保険はまとまって表示されることも

ところで、
介護認定となっている人の場合、介護サービスを受けていても
医療行為があったらそれは医療保険の部分になります。

(医療保険といっても、75歳以上ならば後期高齢者医療の方になります)

介護施設での明細を見ていると
医療保険の負担もあるということが分かるのですが

それは財源は別のところからになっているということです。

高額療養費の自己負担分限度額も
介護保険と(後期高齢者)医療保険で別々に発生します。

最終的に
介護保険と(後期高齢者)医療保険の合算から
自己負担限度額を超えた還付金

も戻るのですが

名前でいうと
「高額医療・高額介護合算療養費」といいます。
(もうちょっと簡略化して言うところもあります)

自己負担限度額は世帯合算で

A:自己負担割合が3割の人は67万円
B:A,C,D以外の場合   56万円
C:世帯全員が市民税非課税の場合 31万円
D:年金収入が80万円以下でほかの所得がない、または老齢福祉年金受給の場合  16万円

となっています。

八王子市公式ホームページより 高額介護合算療養費
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/nenkin/002/002/p020211.html

それらはすべて

1年に1回の申請をしておかなければ
還付されることがありません

年度は8月スタートで1年間となっていて7月末までです。

時効は2年なので、
もし申請した覚えがなかった人やそのご家族は
さかのぼって確認してみるといいですよ。