【八王子に住み続ける】通える×訪問できる×泊まれる介護サービス

八王子でねんきんづくりコンサルティングをマンツーマンで行っている
ベターライフスクエアです。

八王子に住み続けるということで、
・介護サービスを利用しつつ、在宅で暮らすという場合のサービス
・そのままその施設内で暮らすサービス

この2拠点を同じ建物の中で
フロアごとにサービスを整えている場所をご紹介します。

専門的な言葉でいえば

小規模多機能型居宅介護

そして、

グループホームとなります。

舘町にあるニチイさんです。

ちょっと道を間違えてしまい職員さんに心配をおかけしましたが、
みなみ野の方からくるとわかりやすいかもしれません。

最初のテーマにあるように

通える×訪問できる×泊まれる(ショートステイ)
の組み合わせが

小規模多機能型居宅介護

というサービスになります。

ニチイさんといえば、私の最初のイメージは資格を取得する学校も有名だよなと思いましたが
実際働いている人も多いかもしれないですね。

そして、こちらの小規模多機能型居宅介護は
八王子で一番最初にできたところだとのことです。

正面です。
玄関はサービスごとに1つずつあります。

小規模多機能の方のキッチンです。とてもきれいにされています。

トイレは男性用のもあります。

グループホームも同じような様式です。

小規模多機能にはお泊りというショートステイを
ケアプランに入れることができます。

1泊から数日
ケアプラン内におさまるよう、ケアマネージャーさんと一緒に考えていくことができます。

小規模多機能のイメージは

基本は自宅に(八王子市内)にいること
週に何日か通所し、第2の家としてのんびり過ごすという場なのですが

通所が最初からできる人ばかりではありません。

そこで、訪問をすることで
自宅に来る人に慣れて頂き
(もちろん相性もあるのでそういったところも見つつ)

その後訪問していた同じ人が
通所サービスのこの場でお世話させて頂く

という流れができるようです。

多機能のお風呂は
こんな感じです。

機械浴もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グループホーム
認知症の方のための住まいです。

皆がそれぞれの部屋を持ち、
一緒に過ごす家のような形なので

やはり人とかかわるのが苦手という人は
程度にもよりますが難しいかもしれません。

皆で交流するところの台所は目の前が開けています。

多機能で慣れていって
最終的にグループホームでひとり住まいをする
という流れになっているのかなと思います。

お風呂はこんな感じです。

お部屋からの景色はこんな感じです。

見学の同行、生活できるかどうかの資金計画、財産管理の不安などは
ベターライフスクエアでもご相談受け付けています。

2017年8月末現在は空いていないそうです。

ニチイケアセンター 八王子舘町

コメントの入力は終了しました。