団体信用生命保険加入が難しいとき

団体信用生命保険というものがあります。

住宅ローンの契約をする時に
金融機関が保険料を払ってくれる保険です。

ローンを支払っていく人が万が一亡くなってしまったら
この保険金を使ってローン残債をなくすことができます。

もしこの加入が難しいときには
4つの方法があります。

1:フラット35を検討する

団体信用生命保険の加入が任意の住宅ローンです。
もちろん返済する人が万が一の場合にはローンは残ってしまうので
最終的には遺された家族が払います。

2:団体信用生命保険が難しい人向けの住宅ローンを検討する

金融機関の中には、慢性的な疾患が原因で団体信用生命保険に加入できない人のために
専用の団体信用生命保険を作りました。

加入はできますが、金利の上乗せがあったりなど費用の負担は生じます。

3:万が一のためにローン額を少なめに設定する

団体信用生命に加入できない人の住宅ローン契約の場合、
住宅ローンが残ってしまったら
返済するのが大変です。

そこで、返済額が少なくできる方法を
検討しましょう。

のこされた家族が返せるような金額

それにあった住宅資金、住宅ローン。

4:銀行ごとに交渉する

窓口に実際出向き、自分の状態を説明し団体信用生命保険に加入できることもあります。
相当の努力とコツがいりますが

こういう方法もあるのです。

コメントの入力は終了しました。