【八王子の住宅】建物をチェックしてくれる専門家

ベターライフスクエアでは、
八王子でねんきんづくりをマンツーマンで行っています。

住宅についてのことを久しぶりに書いています。

「中古」というと聞こえは悪い人もいるかもしれませんが
中古は築年数が2年たてば、または一度住んでしまった家は
中古なんですよね(驚きますよね)

既存住宅(中古の家のこと)が流通することは
個人的に大切なことだと思っています。

そのための法律の改正が来年の4月までに段階的に施行されています

ところで、法改正までの間、インスペクションというのは
他の形で存在しているのでしょうか?

2つの団体を紹介します。

1つめは

一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会です。

ここには、「既存住宅現況検査技術者」という人がいます。

既存住宅状況調査技術者講習の内容は

住宅瑕疵保険の提供も行っている協会なので
例えば中古住宅を購入後建物に瑕疵があった場合に保障するわけです。

その保険支払いをするにあたってのノウハウも含め
インスペクションから、リフォーム着工前の現況調査、瑕疵保険加入前の調査まで幅広い内容になっているようです。

2017年9月初旬の掲載で見ると23名
八王子市の建築士さんが登録
しています。

来年4月の法改正に合わせた
建物検査のスキームになっているので

改正後には
国土交通省認定インペクター(と、勝手に想像した言葉をもじっていますが 笑)
となっていくのでしょうね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つめは

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会 です。

こちらは2008年にスタートした団体で

インスペクターがまだ聞きなれない時代だったからでしょうか、
住宅診断士という肩書があります。

確かにこちらの方が
カタカナで見ても???というような
分からない人にはわかりやすいですよね。

八王子には2017年9月初旬現在、
ホームインスペクターさんが
3人
いるようです。

そのうち最初の既存住宅現況検査技術者になっている方が
おひとりいますね。

国土交通省の
「既存住宅現況検査技術者」登録講習の実施機関には入っていないのですが
今後定められた範囲(既存住宅状況調査方法基準)以上のことを行っているのであれば
認定になっていくのだろうか、などと想像しています。

インスペクターのパイオニアですから
頑張ってほしいなと思います。

ちなみに、国土交通省の登録講習の実施機関になっているのは

最初に紹介した

一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会

そして

公益社団法人 日本建築士会連合会

一般社団法人 全日本ハウスインスペクター協会

一般社団法人 日本木造住宅産業協会

一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会

の5つです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベターライフスクエアでは
その名の通りあなたの周りに専門家を集める広場(スクエア)の
役割
をしています。

様々な建物のインスペクションを数多く行い
その業界では有名な(その業界の人には恐れられているかもしれません 笑)
インスペクターさんのご紹介をしています。

ただし、先方(工務店等)の方が拒否すると実施できませんが、
受け入れてくれれば
今後その工務店さんの優秀さは地域でダントツに光ると思います。

(紹介料は頂いていません)
いつでもお声かけください。

コメントの入力は終了しました。