【八王子の住宅】インスペクションってなに?

ベターライフスクエアでは、
八王子でねんきんづくりをマンツーマンで行っています。

ねんきんづくりをするということは
それ以外のお金の使い方にもひとくふう、
少し立ち止まって考えるということが大切です。

大きなお金がかかわるものとして
久しぶりに住宅関係のことを紹介していきます。

インスペクションってご存知ですか?

「建物の検査」のことを言います。

そしてインスペクターとは、
「建物の検査をする人」のことを言います。

家を買うというと、新築ばかりに目が向いていますが
個人的には中古住宅の流通を応援したい私です。

2017年4月と2018年4月に
改定宅建業法が施行されます。

法律の改定によって
購入しようとしている人に対して安心感を提供するものになります。

既存の住宅(つまり中古住宅)に
対して

・インスペクション(建物の検査)の実施をしたかどうかのチェックができる
・既存住宅に対する瑕疵保険の加入を広げていく

という点が主なところなのかなと思います。

インスペクションというのが、
今では法律的に範囲が固定されているわけではなく
今後法律できちんと定めていく方向のようです。

今後は

・定められた検査内容を行っていればOK
・実施者が建物検査に関する技術講習を行った建築士さんであること

となっていきますが

「定められたもの以上に検査してもらってもいい」
という風に私はとらえてみています。

来年に全ての改正が整ったら、

申し込みをする人は

申し込みの後の売買締結までの間に
建物検査(インスペクション)を行うかどうかの意向確認が入ります。

今の時点で建物検査をするという意向を伝えたり
瑕疵保険に加入するというような方向で

先にはじめている会社もあるようです。

法的な義務化を前に
自分たちで守れるところは「意思表示」をして動いた方が
大きなお金を払って購入する住まいを得るために、

大切なことだと思います。

なお、今後リフォームにも
これらの法制度が広まっていくと考えています。

中古住宅の評価が上がれば
金融機関からの担保についても変化が現れるのではないかとも考えられてきています。

大切な家ですし、ただ建てるだけの考えは
そろそろやめた方がいい時代となってきているのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベターライフスクエアでは
その名の通りあなたの周りに専門家を集める広場(スクエア)の
役割をしています。

様々な建物のインスペクションを数多く行い
その業界では有名な(その業界の人には恐れられているかもしれません 笑)
インスペクターさんのご紹介をしています。

ただし、先方(工務店等)の方が拒否すると実施できませんが、
受け入れてくれれば
今後その工務店さんの優秀さは地域でダントツに光ると思います。

(紹介料は頂いていません)
いつでもお声かけください。

コメントの入力は終了しました。