住宅ローン控除ってどうしてあるの

マイホームについて、

金融機関からお金を借りて買う人が前提で
紹介する制度があります。

それは「住宅借入金等特別控除」と言われています。

住宅ローン控除ともよく言われています。
こっちの言葉の方がわかりやすいですよね。

家を買うためにローンを組んだ人に
税金面でお得になってもらおうと考えた制度ですが

国が制度を作って進めているには訳があります。

家を買えば、建物に関わる仕事が増えます。

大工さんや測量の人、検査の人、材料そのものを調達する人などなど

多くの人が関わります。

もちろん不動産会社さん、建築会社さんもそうですね。

仕事が増えれば、その人たちの仕事ができるので
給料に反映されます。

そしてその人たちが受け取ったお給料から
家族やその人たちが消費をします。

結果的に景気が「循環する」ことになります。

この景気の流れを続けて行けるように
国としてはマイホームを買う人に対して「特典」を考えた

というわけです。

特典は税金が少なくなるということです。

次回は具体的に紹介したいと思います。

コメントの入力は終了しました。