フラット35の万が一の死亡保険について

フラット35で住宅ローンの契約をすると

万が一の住宅ローン元本部分の保障をする

団体信用生命保険は、
融資する条件に含まれていません。

つまり
ちょっと健康に自信がない人は
フラット35を活用することができる

とも言えます。

ちなみにフラット35の団体信用生命保険は
銀行の住宅ローンと違って自分で保険料を支払います。

毎年です。

返済をしていると借入元本が徐々に減っていきます。

減った分を除いた元本を死亡保険として保障するので
保険料も少しずつ減っていきます。

毎年の出費として忘れないように
気を付けましょう。

コメントの入力は終了しました。