八王子で年金づくり やさしさナンバーワンの女性FP 20日はアメリカ大統領就任式

ベターライフスクエアは
金融教育、経済教育を通じて資産運用を学べるよう
企業の福利厚生として、また個別のマネー相談者向けに
ミニセミナーを行います(ご依頼の見積もりは無料です)

資産運用をしている人の中で
日々売買をする人にとって大きく乱高下するであろうこの時期。

トランプ政権の始まりが近づいています。

ツイッターでトランプ氏が発言しただけで、2円も円高に動いたことは
言葉の影響力を感じます。

さて、日々のお金の動きを気にせず
資産運用をして将来のねんきん作りをしたい人にとって
こういう場面ではどういうことを考えるといいのでしょうか。

大切なのは想定してみることだと思います。

想定は3つ以上してみよう

例えば・・・

大統領が就任したのち(日本時間では21日)
日本の企業にとってどんなことが生じると日経平均株価が下がるのか

大統領の発言から
資金はどういう流れが起こるのか
(2月に施治方針演説があります)

不安が生じると
安定した為替にお金が流れたり
金に流れたりします。

アメリカの雇用を守るという方向で進むのであれば
アメリカの企業が雇用を維持したり増やしたりすることで
どんな風に売り上げに貢献されそうなのか

→この場合は米国株などを購入することだってあるでしょう。

どんなタイプの企業が推し進めていきそうなのか

→この場合はセクター別の投資信託を購入することだってあるでしょう。

そして、アメリカだけではありません。
今は世界が変化していることを忘れてはなりませんよね。

EUとイギリスの関係性(ギリシャも気になりますね オランダとフランスでは選挙があります)
ロシアと日本と中国の関係性
中国と韓国と北朝鮮の関係性
そして、アメリカと日本の今後の関係性

なども見ていなければなりません。

今後の予定はどうなっているのか

1月19日にはヨーロッパのECB金融政策会合が開かれています。
1月31日にはアメリカFOMC連邦公開市場委員会があります。

日本では2月に予算案の審議が入り、3月に予算成立します。

「どこかが安定していれば見なくてもいいのに」
と思ってしまいますが

今の時代はグローバルな市場で企業が事業を行っているし
為替も行き来ができるので
どうしても世界に目を向けざるをえません。

どういうところで情報を得るか

どういう情報を見たらいいのか
ヤフーニュースやグーグルニュースのように
大きなサイトのものだけでは物足りない人は

こういったサイトを見てみると
役に立つかもしれないです。
世界のことが書かれています。

(個人的に掲載しています)
ブルームバーグ  https://www.bloomberg.co.jp/
ロイター  http://jp.reuters.com/
AFPニュース http://www.afpbb.com/

まだまだありますが・・・・

私もすべてを毎日網羅できないの状況ですが
やっていない人よりは一歩前進めるはずです。

こういうところから
情報収集をして自分なりの想定を
3個以上作ってみてはいかがでしょうか。

そして自分の資産運用に取り入れられるようになると
大きな武器になると思います。

・・・・・・・・・・・・・

追伸 
ちょっと面倒だなという方にはベターライフスクエアで新しいサービスを考えていますので
楽しみにお待ちくださいね。

コメントの入力は終了しました。