NISA活用者の実態

ベターライフスクエアでは
マネー相談を通じてその人のお金の悩みを解決する方法をお伝えし
実行のサポートを行っています。

資産運用をして
その利益に対して課税が20パーセントとなっているこの頃。

利益を受け取るためには
非課税制度の活用が有効です。

確定拠出年金制度の活用
NISAの活用

いずれも非課税メリットがあるため
取り入れた方がいいものだと思っています。

NISAの場合、活用した人がどんな使い方をしているのか
金融庁のデータがあったので
(平成28年10月 金融庁 NISA制度の効果検証結果 より 一部抜粋)
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20161021-1/01.pdf

個人的に気になるポイントを紹介したいと思います。

NISAで売却率が高いのは

NISAには対象となる金融商品がたくさんあります。

利益が出たときに非課税になるNISAは
売却する商品の構成として

株式40.9パーセント
ETF35.8パーセント
REIT 33.9パーセント

が上位を占めています。
(平成27年12月末)

積立する人の平均額

NISAで積立投資をする人もいます。

平成27年12月末の調査では、
毎月の投資額は平均で2.9万円とのことです。

毎月平均投資額

30代 平均 毎月2.4万円
40代 平均 毎月2.5万円

ただしこれを活用している年代で圧倒的なのは60代。
資金的な余裕のあり、投資経験がある年代です。

もっと低い年代から経験を積んでいくことで、広まってほしいですね。

会社での投資積立は確定拠出年金が優位

勤務先での積立制度としてNISAを進めている金融機関と
検討中の金融機関があるようです。

NISAは恒久化が未定の状態なので
まだ確定拠出年金制度の方が導入しやすいのではないかと思います。

口座設定者への投資商品マッチング

NISA口座を作った場合、その金融機関でそろえている商品を選ぶわけですが
口座を作り、投資商品を選ぶうえでヒアリングを行います。

ヒアリングの結果運用目的に合った商品の提案は
されていることが多いようです。

しかし、結果的に提案された半数以上の人が
投資信託で、特長として分配金が多数発生するものとなっているようです。

「国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査(平成28年2月)」金融庁委託調査   より一部抜粋

これらは利息が発生する定期預金を販売していた環境から
なかなか払しょくできないものなのだろうか・・・。
と個人的には思ってしまいました。

本来長期保有で積立をしていくニーズの場合
分配金がたくさん生じるものを提案するのはニーズと100パーセント合致していないものなので
全体で半数以上というのは興味深い内容だと思いました。

もし、あなたがこのような商品を提案されたり
保有している
ならば

もう一度自分の投資に対する目的を確認

次の1年に活かせるように
自ら知識をふやしていくことをおすすめしたいと思います。

コメントの入力は終了しました。