年末調整でできること(番外編)セルフメディケーション税制とは

今回は来年から始まる医療費控除以外に
新設される制度について少しだけ紹介します。

平成29年からは新しい制度と選択

今回の確定申告(平成29年2月からのもの)にはあてはまりませんが
来年からは「セルフメディケーション税制」がスタートします。

健康の保持増進や疾病予防として一定の定期検査、予防接種を行っていることを前提条件として
医療用から転用された医薬品を購入し、その金額が12000円を超えた場合
その年の総所得額から12000円を超えた部分を差し引く

というものになります。

この時に使われている医薬品は
スイッチOTCと言われ、対象となるものはリスト化され、
厚生労働省のホームページにすでに公開されています。
対象となるものは更新されていくものだとのことです。

医薬品メーカにはすでにOTC薬品として
パッケージが紹介されているところもあります。

一般的に使っているような医薬品も含まれている感じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば・・・
http://www.taisho.co.jp/company/business/selfmedication/
大正製薬さん 

http://takeda-kenko.jp/kenkolife/kusuri/tax_deduction_category.html
武田薬品工業さん

・・・・・・・・・・・・・・・・

もし自分があてはまるようならば該当する医薬品には更新があると思って
1年ごとに確認したほうがいい内容だと思います。

個人的にはレシートで
<この医薬品はOTC薬品です(ただし購入時点での認定です)>などと
マークがつくといいのですが・・・。

今まで医療費控除まであてはまらなかった人は
こちらの制度を使える可能性があります。

まずは使える場合を考えて
来年からは領収書を取っておくのもいいのではないでしょうか。

その前に健康のための定期検査や
予防接種をしておきましょう。

コメントの入力は終了しました。