年末調整でできること(番外編)医療費控除 

ベターライフスクエアでは
将来の年金づくりについて今あなたができることを一緒に考え
実行のサポートをしています。

年末調整でできることを紹介していましたが今日は番外編で<年末調整によってできないこと>を紹介します。

年末調整でできないということは、
すなわち確定申告をする必要があるものになります。

主なものを紹介します。

■医療費控除
どんな時の費用が対象か

1月1日から12月31日までに病気やけが、歯科診療などで
病院に行った場合の費用
治療をした費用
服薬の費用

 について所得控除となる医療費控除が受けられます。

手当金や保険金、交通費は除かれる

医療費控除に該当していても

例えば出産などで帝王世界となり、
保険会社に請求をして給付金等を受け取った場合には
その金額は除かれます。
出産手当金などを受け取っていた場合その手当金も除きます。

通常は病院に行く場合車を使っていったからということで
駐車場代やガソリン代は含めることはできませんが

出産に伴い入院するために交通機関を利用するのが困難な場合
タクシーの利用代は該当します。

生計を一にした親族の分まで一緒に申告

医療費控除を受けるときには
該当するように、家族のものをすべて1人に集約して申告をするのが一般的です。

家族のものとは、
本人、配偶者、子ども、そのほかの親族と幅広いです。
ただし、生計を一にしているという言葉がついています。

医療費控除の対象金額

合計して年間で10万円を超えた人が、
医療費控除の対象となります。

でももう一つ条件があります。

どちらか低いほうで医療費控除に該当するかが決まります。

総所得200万未満の人は総所得の5パーセント
それ以外の人は10万円

5年間さかのぼって申告可能

今年はできなかったなとなってしまっても、領収書を持っているのであれば
5年前までさかのぼれるので後から申告をすることもできます。

コメントの入力は終了しました。