年末調整でできること(2)配偶者特別控除 社会保険料を払うということ

ベターライフスクエアでは
将来の年金づくりについて今あなたができることを一緒に考え
実行のサポートをしています。

年末調整でできることを
紹介したいと思います。

配偶者特別控除です。

前回配偶者控除を紹介しましたが
それは所得合計額が38万円以下の人の場合です。

収入が103万円以下であれば
配偶者控除
に該当します。

配偶者特別控除

年末調整を受ける人の合計所得が
1000万円以下で

その配偶者が働いた結果受け取った所得が
38万円を超えて76万円未満
(給与所得だけの場合 収入で103万超え141万円未満)
であった場合には

配偶者特別控除が
年末調整のときに申請できます。

控除額は所得に応じて段階的に下がっていきます
最高控除額は38万円で、3万円の控除額までとなっています。

106万円の壁

労働時間などの条件で
社会保険料が発生ということもセットで考える人もいると思います。

このルールは大企業、具体的には

従業員数が501名以上の会社

で働いている人に対するものとなっています。

派遣元の人数でカウントされるので
派遣先が小さな企業であっても社会保険料が発生
します。

大企業であり、

週の労働時間が20時間以上である
賃金月額8.8万円以上である(年収で106万以上)
1年以上働く契約になっている

このルールが10月から新設されています。

これによって社会保険料を払う場合の収入の壁と言われるのは
106万円になりました。

見方を変えれば、社会保険料には厚生年金保険料も加わっているため、
年金を自分のために準備することもできるようになったわけです。

今後は所得控除について
変化は出てくる(手取りが左右される)と思います。

働き方や収入について
税金について
考える良い機会なのかもしれませんね。

コメントの入力は終了しました。