個人型確定拠出年金を始めよう(2) 何歳まで加入できる?何歳まで受け取れる?

ベターライフスクエアでは
<個人のためのねんきん作り>をサポートすることで
将来の漠然としていたお金の不安を軽減しています。

2017年1月から加入者が広がる個人型の確定拠出年金について
紹介しています。

確定拠出年金の一番大切な点は何かといわれれば
私はこう答えます。

「すぐに引き出せないこと」

つまり、資産運用でお金を働かせることで
自分の老後のねんきん作りをする制度なので

「ハイお金がためられました、手元のお金が足りないから引き出しますね。」

というものではないのです。

お金を働かせている間に
自分の投資したお金よりも価値が減ったり増えたりする

老後のお金の準備のため

と思ってもらえれば
すぐに引き出すのが難しいのは
理解してもらえると思います。

引き出せない期間は

60歳まで

となっています。

でも60歳になった時点で
加入期間、運用指図者期間の合計が10年に満たない人の場合

老齢給付(生活のための年金受け取りのこと)を受け取れる時期は

1月以上加入等 65歳から受け取り可能
2年以上加入等 64歳から受け取り可能
4年以上加入等 63歳から受け取り可能
6年以上加入等 62歳から受け取り可能
8年以上加入等 61歳から受け取り可能

となっています。

早い時期に受け取る場合だけでなく
受け取る年齢を遅らせることも可能ですが
その場合は70歳までに請求をします。

老齢給付金の受け取り方は

自分が加入した運営管理機関が定めたルールの中で
5年から20年の範囲で受け取る年金となります。

コメントの入力は終了しました。