生命保険のあるある 死亡保険は必要なのか(ずっと保障してくれる保険)

ベターライフスクエアでは
生命保険の必要性に応じたご相談をご本人が
納得するまで行う有料相談を行っています。

期間が決まっていない一生保障の保険
終身型の死亡保険

自分の万が一のお葬式代などの整理資金
余命宣告があった場合に自分のために使う

というように、
自分や自分の周りの人に迷惑がかからない程度に準備するものです。

1000万円や3000万円などを終身保険で持っている人は
昔のタイプの保険で、保険料の安いころに買ったものだと思います。

大きな保障額で持っている場合
それらの目的が

家族のためなのか
自分のためなのか
それとも一部をお葬式代などの残しておいて、自分のために年金で受け取ったり介護(要件は難しい)の時に備えるためなのか

再検討をしてみた方がいいと思います。

保険料負担がまだ継続していて、支払いがきつい場合は
再検討の結果保険金額の一部を見直してもいいと思います。

今から加入する場合は

死亡保険としての機能があり、保険料が安いものだと
変額終身保険
があります。

10年近く前からこの保険がいいのではと言い続けているのですが
最近は終身保険の選択肢が減ってきているので
今後はどうなるかわかりません。

ただ、変額終身保険はやめることになると
運用結果に応じた解約金しか出てこないため
払った保険料以上になっているかどうかは不確定の商品です。

死亡保険の機能として検討するものと
割り切られた方がいいと思います。

なお、このような終身タイプの死亡保険の目的としては

貯金がすくなくて、家族に迷惑をかけない程度には準備したい方

万が一の場合、本人の金融機関の口座が凍結されてしまい、
その後の支払い(病院 税金 保険料 葬祭費用 片付け費用など)
をする手立てが不安な方

納税資金として家族ごとに名前を付けて受け取ってもらいたい方
(財産の大小にかかわらず、相続に備えておく人)

の場合加入しておいた方が安心です。

終身保険は必ず保険会社が支払うものです。

年齢が上がるごとに
保険会社で行っている資産運用が難しくなっていくたびに

保険料は高くなります。

周りの人に心配のない程度で
保険料の負担が少なく済むものを調べて検討してみましょう。

コメントの入力は終了しました。