生命保険のあるある 「お金を貯められます」

ベターライフスクエアでは加入している保障の内容、
保険の考え方、気になっている保険についての相談
自分に合った保険の金額や保障内容について
ご相談をお受けしています。

この頃「ためる」という言葉が乱立していて本来の意味ではなくなって来ています。

特に、銀行の窓口や生命保険の無料相談の窓口
FPの資格を前面に出しながら生命保険を販売する保険相談

これらによく見られています。

「今はただ預けていても金利が低くて利息が付かないのでこういう方法で貯めませんか?」

「貯金が苦手なら、こういう方法でためられますよ」

「マイナス金利ですから、こういう商品でお金をためませんか」

こういう言葉で案内されるものはほとんどが

投資商品(外貨建てのものが主)
投資商品(万が一の保険金は保障されているが期限がある」
実は普通預金の預貯金とあまり変わらない

という状況です。

保険の目的であれば
これらの保険の機能はあなたにとって有効かもしれませんが
保険で貯金をしようという希望はできればなくしてほしいところです。

保険料がもったいないから<ためる>ものがいい
という方ならば、むしろ保険料がもったいないと思う時点で
保険の必要性がない
ので、加入しない方がいいのではないですかということもあります。

ためるという言葉に惑わされないようにしてくださいね。

コメントの入力は終了しました。