金利が高くなったら通貨が高くなる

資産運用をするときに金利が高いものが
よく見えると思います。
これをさらに進めてみて、他に影響がどのようにでてくるのか考えてみましょう。

金利が高い外国の通貨について、
あなたは
日本の金利がずっと低いのに
どうしてこんなに高いんだろうと思うはずです。

金利が高いというのは

例えばアメリカで「FRBが利上げを発表しました」というときの
金利です。

段階的に金利が高くなってきた状況に入ると

日本においておいても金利が低いからドルの定期預金にしよう
(税金を考えると他の商品がいいと思いますが)

日本の国債の金利も低いから、やっぱりドル建ての債券を買おうかな

となります。

円からアメリカドルに資金が動くということですね。

この結果、米ドルが円に対してドル高となるのです。
つまり円安ドル高です。

円安となると輸入関連のものやサービスの値段が上がるので
物の値段が高く、買いにくくなるといわれています。

コメントの入力は終了しました。