家計簿が続かない 動機付けと習慣化

ベターライフスクエアではマネー相談をお受けしているとき
家計簿を確認することがあります。

とてもきれいにまとめている人もれば
データ化している人もいて
さらに円グラフなどを作っている人もいます。

でも実際はこういう方は一握り。

安心してください。

そして、私自身も実は結構大変です。

まず事務仕事が苦手です。
それだけやっていてくださいとなればちゃんとするのですが

どうしても後回しになるのが事務作業。

例えば

経済の指標
金融市場の状況

この確認を今でも新聞から取り出して
数値を記録しています。

そして、成年後見であれば
家計簿のように
月の収支をまとめなければいけません。
こまめに報告をするからです。

また、活動報告のようなものの入力があります。

さらに、自分の仕事の面で
毎月の収入や支出を記録しなければいけません。

他にも私用ですが、家計簿の記録をします。

本当に数が多いです。

実はこの1カ月で、

この中のうち2つがためこまないうちに
すすめられるようになりました。

本当は全部やるべきなのでしょうが
どうしても後に後になってしまうものがあるのは
お恥ずかしい限りです。

原因はため込み方が目に見えてしまったことです。
例えば新聞をそのまま保管しているとたまってしまいます。

記録をしないとどんどんたまっていきます。

たまった結果、それをするために
長い時間同じことをやる羽目になります。

これがとてもつらかったです。。。。

実際終わったときは物も捨てられ、記録もまとまり
心が晴れ晴れしました

片づけをしてきれいにしたときと同じ気持ちでした。

そして、どれだけの時間をさけば
ためこまずにできるか
を考えました。

私の場合は30分もなかったです。

「なんだ!毎日これだけの時間ならできるんじゃない?」
そう思いました。

やらなければならないけれど
思ったよりも短時間ですむことが分かり
こまめに作業できるようになりました。

これは動機付け、意識の問題なのだと思います。

そして毎日やるというほどの緊張感は持たずに
2,3日で1回というように考える
毎日できることもあったりして続けられるようになりました。

これって習慣ですよね。

まだ残りの3つは達成できていないので
今の状態が維持できるようになったら
増やしていきたいと思います。

苦痛を通り抜けると、成長があります。

何だか自信になった気がしますね。

動機付け
習慣化

この2つであなたの苦手なものを克服してみてください。

誰でも遅いことはありません。
そして、早いにこしたことはありません。

コメントの入力は終了しました。